鑑賞用陶磁◆中国
灰陶加彩獣面文鬲

夏家店下層文化 紀元前2100−1600年
高27.0cm 口径17.5cm 胴径11.0cm

鬲とは、三本の袋足を持つ炊器のことです。器肌には獣面文、巻雲文が朱色、白色の絵具で描かれていますが、これは権力や富、あるいは宇宙の生命力を象徴的に表したものだといわれています。。あまりの鮮やかさに、この彩画土器は実用器ではなかったと思われます。


加彩婦人俑

唐時代 8世紀中葉
高69.5cm

楊貴妃とのラブロマンスで有名な玄宗皇帝(在位712−755年)の後半生をしめくくる天宝年間(742−755年)と一致しており、奈良文化のモデルはおおむね天宝文化でありました。奈良平安の女性像のお手本ともなったこの時期の理想の女性像は、豊麗さにあったから、ふくよかさが謳われました。この婦人俑はその天宝様式の典型作であり、ゆったりとした衣をまとった豊満な体躯の女性像こそ夢のように美しい姿の女性とあがめられていました。髪を大きく結ったそのヘアースタイルもたいそう好まれたファッションでありました。これまで類品にはかなり接してきましたが、この作は最大の大きさを誇り、堂々たる存在感を訴えていて、この一作に接しただけでも香しい天宝文化の粋を掬いとることができます。


青花葡萄文大盤

景徳鎮官窯 明時代 15世紀前半
径37.5cm

永楽帝(治世1403−1424年)時、官窯には白磁を御器と指定していましたがかつて文化人には人気のなかった青花(染付)も、特に技・材料を吟味させて、夢のように美しい様式を完成させました。青花磁には年紀を記さなかったので、永楽官窯の作なのか、確証はありませんでしたが、景徳鎮の発掘調査がすすみ、その推測の正しさが実証されました。白磁素地・成形・青花のあらわすコバルトの顔料・文様の描法。そのいずれをとっても完璧であり、しかも気品にみちた優雅さを表現されているのですから、世界の染付の筆頭格に永楽官窯染付が上げられるのも当然です。この大盤はその典型作であり、潤いにみちた釉下に、ふくよかな風韻を奏でる葡萄文・花卉唐草文・波濤文が、調和をもって、みごとに描かれています。


五彩宝相華唐草文瓢瓶

景徳鎮官窯 明時代 16世紀中葉
高44.0cm 胴径23.7cm

いかにも中国の吉祥趣味をよくあらわす瓢の大瓶であり、俗に雑彩とよばれる官窯五彩磁のなかでは、大作に属し、代表作の一つにあげることができる名作です。雑彩には、各種の作風がありますが、この作品は、赤絵具で主文様を描き、余白を緑彩で塗りつめる緑地紅彩に属しています。赤はいかにも濃艶であり、深い緑彩がぐっと落ち着きのある地色をなし、二色の織りなすハーモニーは深遠です。嘉靖(1522−1566年)官窯には、民窯の委託焼造が活発化し、結果としてこのようにいかにも生き生きとした庶民のエネルギーが投影されています。高台内には「大明嘉靖年製」と染付でしるされています。白磁釉が染付用の透明釉であるのと相違しており、二種の白磁釉を使いわけているところが官窯の見所でもあります。


鑑賞用陶磁◆朝鮮
鑑賞用陶磁◆日本
茶       入
茶       碗
水       指
花       入
香       合
向       付
収蔵品の一部解説 扉
ご覧になりたい収蔵品の文字をクリックしてください。